軽天工事

軽天工事とは、内装の下地を作る工事を指します。
表立つことはありませんが、ボード工事の下地にあたる工事ですのでその役割はとても重要です。

軽天工事は、基礎を作る役割があるのはもちろん、空間を区切ることで壁の役割を果たすこともできます。
そのため、内装下地のさまざまな場面で、軽天は使われています。

 

軽量鉄骨の特徴

軽量鉄骨は、軽天工事で用いる材料です。
加工性や経済性・施工性に優れているため、商業施設やビル・工場など、様々な建築物で利用されています。

・ 建築物への負担が少ない
・ 木材に比べて価格や供給が安定している
・ リサイクルが可能なので、地球環境に優しい
・ 消防の防火検査の基準に適合している
・ 加工がしやすいく、湿気に強い
・ 施工費用が安い

また、地震により建物に影響を及ぼす有害な外力を分散吸収することにより、建物の被害を最小限にとどめる、建築用エキスパンションジョイントも取り扱っております。
ご要望の際はお気軽にご相談ください。

一覧ページに戻る