ボード工事

ボード工事とは、壁や天井の下地となる部分に石膏ボードを貼る工事を指します。

 

ひび割れなどのトラブルを事前に起こさせない施工

ボード工事は、クロス貼りや塗装などの前工程に当たる仕事。
そのため、ボード工事の仕上がりはそのまま内装の仕上がりに直結するということです。

美しい内装は、ボードとボードの間を隙間なく貼りつけ、その境目をパテでしっかりと埋めることで実現します。
こうした確実な施工は、見た目の美しさと同時に、後工程のペンキ塗装や壁紙のひび割れといったトラブルも防ぎます。

 

「意匠性を損なわない」直張りタイプの天井板

商業施設やオフィスの天井でよく使われている素材に「ジプトーン」や「ケイカル板」があります。
これらはビスを使って軽天下地に留めつけるタイプの天井板なので、施工箇所がそのまま見た目になり、意匠性を損ないません。

軽鉄にビスでボードを固定するため、ビスを開ける位置一つをとっても軽天工事の構造を熟知している必要があります。

 

開口作業

ボード工事の大切な作業である、点検口や照明・スピーカー設置のための開口も、プロの施工で美しく仕上げます。

一覧ページに戻る